FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/52-21642970

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

狭小地での間取りプランのポイント

ローコスト住宅を1000万円台で建てようと思っている方には、
土地のコストを安くして、トータルコストを下げたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、狭小地注文住宅を建てる際のプラン間取りのポイントを書いていきます。

ちなみに、『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
狭小住宅(きょうしょうじゅうたく)とは、狭小な土地に建てられた狭小な住宅である。明確な定義はないが、一般に約15坪(50m2)以下の土地に建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれる。狭小な土地に建てられた建売住宅につけられた蔑視的な呼称としてミニ戸建てと呼ばれることもある。

とのことです。

狭小地の地価は面積が小さい分、当然安くなります。
狭小地に家を建てる際の、具体的な対応策としては以下のものがあげられます。

■2階にLDKを設けて光と風を取り込む間取りプランを考える
狭小地は、周りを隣家に囲まれている、住宅密集地になっていることが多いです。
敷地の狭さと住宅の密集によって日照や通風が不足しがちになります。

一般的には、1階にLDKを、2階に寝室や子ども部屋などを設けますが、
このような場合は、どうしても1階の日あたりや風通しが悪くなります。

これを解決するために、2階にLDKを設ける間取りプランがおすすめです。

2階であれば、隣家に遮られることなく光や風が届きますし、1階よりも日照時間も長くなります。

また、道路からの視線も届きにくいので、プライパシーの確保にもつながります。

★1000万円台でローコスト住宅を建てるポイント(まとめ)はこちら★

注文住宅を建てる際のポイント(このサイト内でよく読まれているページです)>
注文住宅を建てる際にかかる費用(お金)について
特徴を理解して建築会社を選ぼう
ハウスメーカー各社の特徴を比較する
注文住宅を建てる際に買ってはいけない土地がある?!
生命保険を見直して住宅ローンの繰上げ返済をしよう

1階には寝室や子ども部屋、サニタリーなどを設けるようになりますが、
多少違和感を感じるかもしれませんが、2階での快適な食事や家族団らんを考えれば、
十分に割り切ることができます。

さらに、実は同じ床面積でも、たった「30cm」程度でも天井を高く取ることで、
大きな開放感が得られる部屋になります。

★よろしければ投票お願いします★
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/52-21642970

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。