スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/26-bb4e3f16

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1000万円台でローコスト住宅を建てるポイント(まとめ)

ここでは、1000万円台ローコスト住宅を建てるポイントをまとめて書きます。

<ポイント1>
・信頼できる地元工務店に建築を依頼する

あくまで一般的な話ですが、別途設計料を取る設計事務所(建築家)や、
広告宣伝、展示場運営などにコストをかけているハウスメーカーに比べて、
おなじ家を建てるならば、ローコストで実現できる可能性が高いです。

<ポイント2>
建築会社さんと信頼関係を築く

ローコスト住宅を建てたいからと言って、建築会社に無理を言って低価格でお願いしたとします。
すると建築会社さんは安くなった分、どこかで手を抜くことを考える可能性が高くなるのです。
無理をさせない代わりにすることは、
「ちょっとの妥協」と「最大限の工夫」と「職人さんとの信頼関係作り」です。

ちょっとの妥協とは、
今本当に必要なものを真剣に見つめなおして、いらないものは思い切ってあきらめるということです。

最大限の工夫とは、
例えば安くで資材を調達できないか?など自分で調べてできる工夫をすることです。

職人さんとの信頼関係づくりとは、
文字通り職人さんと密になることです。
ちょっとした造作家具や、収納などを、材料費だけでちょちょいと作ってくれたりするかも知れません。

このように、1000万円台で、ローコスト住宅を実現させるには、建築会社を「値切る」のではなく、建築会社と一緒に「コストが下がる方法を考える」ことが大事になります。

<ポイント3>
・土地の形状や建物のプラン(間取り)を工夫する

住宅の形状は複雑になるほど費用が高くつきます。
なぜなら、その分だけ、表面積が増えるからです。
表面積が増えると、建材の量も多くなりコストに跳ね返ります。

したがって、無駄な部分を削ぎ落として、シンプルな家を設計すると建築コストは下がります。

シンプルな家を建てようと思うと、土地の形状もシンプルな形でないと建てれません。

いわゆる狭小地や変形地では、建物の形も複雑になりますから、表面積も増えます。

1000万円台で、ローコスト住宅をたてるには、土地選びからプランまで工夫が必要ということですね。



注文住宅を建てる際のポイント(このサイト内でよく読まれているページです)>
注文住宅を建てる際にかかる費用(お金)について
特徴を理解して建築会社を選ぼう
ハウスメーカー各社の特徴を比較する
注文住宅を建てる際に買ってはいけない土地がある?!
生命保険を見直して住宅ローンの繰上げ返済をしよう

最後にまとめますと、ローコスト住宅を実現するポイントは、
・自分でコストを下げる工夫(努力)をする
・資材調達、広告宣伝などのコストを下げる工夫(努力)をしている建築会社に依頼する
ということになりそうです。

参考になりましたら、下の「住宅情報」をクリックしてぜひ投票にご協力ください!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/26-bb4e3f16

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。