スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/14-5faedb16

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

注文住宅を建てる際に知っておきたい用語 【建ぺい率】

注文住宅を検討し始めると、専門的な言葉がたくさん出てきますね。
今日は、家づくりにおいて、最低限理解しておきたい用語について書きます。

その土地にどのくらいの面積の建物が建てれるのかを表すのが、「建ぺい率」と「容積率」です。
建ぺい率50%、容積率150%、とか書いているあれです。
例えば100㎡の土地の、建ぺい率が50%、容積率が150%だとすると、
100㎡×建ぺい率(50%)=50㎡までを使って家を建てて良いということになります。
要するに、土地(敷地)一杯一杯使って家を建ててはダメ、ということですね。
この50㎡(実際に家を建築できる面積)を「建築面積」と言います。

建ぺい率は、その土地が、角地の場合や防火地域で耐火建築物を建てる際には10%増になります。

★1000万円台でローコスト住宅を建てるポイント(まとめ)はこちら★

<注文住宅を建てる際のポイント(このサイト内でよく読まれているページです)>
注文住宅を建てる際にかかる費用(お金)について
特徴を理解して建築会社を選ぼう
ハウスメーカー各社の特徴を比較する
注文住宅を建てる際に買ってはいけない土地がある?!
生命保険を見直して住宅ローンの繰上げ返済をしよう

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/14-5faedb16

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。