スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/1-9b97d0f9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

注文住宅を建てる際にかかる費用(お金)について

注文住宅を建てる際に一番気になるのは、やはり費用(お金)のことではないでしょうか。
ここでは家づくりのお金についてお話します。
ポイントは2つあります。

1つ目は、住宅ローンからの借入れなど含めていくら用意できるのか
住宅ローンについては、やはり専門家に相談するのが良いでしょう。
「自己資金」+「住宅ローン」=「あなたの家づくりの予算」となります。

2つ目は、家づくりにかかる費用の内訳です。
たとえば、「自己資金」+「住宅ローン」=4000万円だとします。
4000万をすべて、建物本体のコストにはできません。
実はこの他にも、俗にいう「付帯工事」や「諸費用」などがかかります。

付帯工事費」には、建て替えの際にかかる解体費から、
電気水道などの引き込み工事費 まで様々なものがあります。

諸費用」とは、住宅にかかる税金、登記費用、住宅ローン手続き、また引越し費用などになります。
一般に建物本体の費用は総予算の7割から8割程度になります。
付帯工事費については、別の記事で触れることにします。



★1000万円台でローコスト住宅を建てるポイント(まとめ)はこちら★
注文住宅を建てる際のポイント(このサイト内でよく読まれているページです)>
特徴を理解して建築会社を選ぼう
ハウスメーカー各社の特徴を比較する
注文住宅を建てる際に買ってはいけない土地がある?!
生命保険を見直して住宅ローンの繰上げ返済をしよう

注文住宅を建てるためにかかる費用(お金)は、建物本体の費用だけではありません。
電気を引いたり門扉を付けるなどの付帯工事費や住宅ローンや税金などの諸費用が別途かかります。
坪単価は建物本体のみを表す場合がほとんどなので注意が必要です。

参考になりましたら、下の「住宅情報」をクリックした投票にご協力ください
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://housingnavi777.blog121.fc2.com/tb.php/1-9b97d0f9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。