スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら

1000万円台でローコスト住宅を建てるポイント(まとめ)

ここでは、1000万円台でローコスト住宅を建てるポイントをまとめて書きます。 <ポイント1> ・信頼できる地元工務店に建築を依頼する あくまで一般的な話ですが、別途設計料を取る設計事務所(建築家)や、 広告宣伝、展示場運営などにコストをかけているハウスメーカーに比べて、 おなじ家を建てるならば、ローコストで実現できる可能性が高いです。 <ポイント2> ・建築会社さんと信頼関係を築く ロー...
1000万円台でローコスト住宅を建てるポイント(まとめ)」の続きはこちら

土地の購入価格を抑えてローコスト住宅を建てる

ローコスト住宅を検討する際に、土地の購入価格を抑えて、トータルでローコストを実現するという考え方もあります。ここでは、土地を安く買う可能性について書きます。用途地域を考える建築基準法上、工業専用地域では住宅を建築することが出来ません。その他の用途地域では建築可能です。工業系の用途地域でも住宅化が進む地区があります。住居系の用途地域に隣接した、容積率、建ペイ率の高い準工業地域などが狙い目です。傾斜地...
土地の購入価格を抑えてローコスト住宅を建てる」の続きはこちら

内装材や外装材を工夫してローコスト住宅(1000万円台)を建てる

注文住宅を建てる際に、外装材や内装材を何にしようかと悩む方も多いのではないでしょうか。 ココにはこれ、あそこにはあれ、と様々な種類のものを少しずつ混合するよりも、少ない種類の材料でまとめたほうがコストダウンにつながります。 なぜなら、たくさんの種類を少量ずつ仕入れるより、少ない種類のものを大量に仕入れたほうがコストを抑えることができるからです。 異なった材料を使うことで、施工する職人さんの数...
内装材や外装材を工夫してローコスト住宅(1000万円台)を建てる」の続きはこちら

システムキッチンを工夫して1000万円台でローコスト住宅を建てる

大手ハウスメーカーなどで注文住宅を建築したときに、システムキッチンを色々な会社から選べたりします。普通システムキッチンといえば、メーカーで作ったものを購入する場合が一般的ですが、メーカーのシステムキッチンはいわゆるユニット型になっていて、ユニット同士それぞれの材料部分が二重構造になっています。また、台所に設置すると、家の壁とシステムキッチンとの間も二重構造になります。例えば地元工務店に建築を依頼し...
システムキッチンを工夫して1000万円台でローコスト住宅を建てる」の続きはこちら

表面積を工夫して1000万円台でローコスト住宅を建てる

住宅の形状は複雑になるほど費用が高くつきます。なぜなら、その分だけ、表面積が増えるからです。表面積が増えると、建材の量も多くなりコストに跳ね返ります。したがって、無駄な部分を削ぎ落として、シンプルな家を設計すると建築コストは下がります。シンプルな家を建てようと思うと、土地の形状もシンプルな形でないと建てれません。いわゆる狭小地や変形地では、建物の形も複雑になりますから、表面積も増えます。多くの大手...
表面積を工夫して1000万円台でローコスト住宅を建てる」の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。