スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら

その10 建築条件付き宅地(土地)について

注文住宅をローコスト住宅で建てようと考えている方の中には、 土地を探している方も多いと思いますが、 「建築条件付き」という言葉を聞いたことがあると思います。 ここでは、建築条件付きの宅地(土地)について書きます。 建築条件付き宅地とは? 土地を購入する時、指定の業者と建築(新築)の工事請負契約を交わすことを条件としている宅地(土地) POINT 1)土地の契約から建物の請負契約まで一定期間が...
その10 建築条件付き宅地(土地)について」の続きはこちら

その9 敷地延長の土地(旗竿地)ってどう?

注文住宅をローコストで1000万円台で建てようとしている方の中には、敷地延長の土地(いわゆる旗竿地)を検討されている方もいるかと思います。敷地延長 の土地(旗竿地)は整形地に比べて、割安なことが多いですね。しかも、間取りを工夫すれば、メリットがいっぱいあります。まず、敷地延長 の土地(旗竿地)の特徴は、路地上部分(間口から長方形に伸びるスペース)があること。この路地上部分の活用法として、一般的なのが...
その9 敷地延長の土地(旗竿地)ってどう?」の続きはこちら

その8 南向きの土地は本当に良いのか?!

ローコストで1000万円台で注文住宅を建てようと考えている方の中には、土地を購入して注文住宅を建てる方も多いと思います。ここでは、土地選びのポイントについて、いくつか書いていきます。参考になれば幸いです。■南向きの土地は本当にいいのか?!南向きと聞くと、何となく、「日当たり良さそう」でいいイメージがありませんか?実は、南向きの土地とひと言でいっても様々です。広告などでは「南向き」「南面道路」などと...
その8 南向きの土地は本当に良いのか?!」の続きはこちら

その7 オール電化住宅は得なのか?

注文住宅をローコスト(1000万円台)で建てようと考えている方の中には、オール電化住宅を考えている方も多いかも知れません。オール電化にすると、ガスに比べて光熱費が節約できるのでは?とか、火を使わないから安全なのでは?など、さまざまな理由でオール電化住宅を検討されている方がいます。オール電化住宅については、メリットデメリット両方あり、賛否が分かれていますが、要は、メリットデメリットの捉えかたや実際の...
その7 オール電化住宅は得なのか?」の続きはこちら

その6 注文住宅にかかるお金っていくらくらい?

ローコスト住宅を1000万円台で建てるには、そもそもの注文住宅を建てるまでにかかるお金(費用)について十分理解しておく必要があります。注文住宅を建ててから住み始めるまでにかかる費用は、家本体を建てる費用の他にいろいろあります。 ・注文住宅本体を建てるのにかかる費用・本体以外に必要な費用の3つに分けて考えてみます。・注文住宅本体を建てるのにかかる費用■建物本体工事価格一般的には坪単価×坪数■設計料 建築費用...
その6 注文住宅にかかるお金っていくらくらい?」の続きはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。